大学に行く意味って何?退学も考えた私が今思うこと。

大学に行く意味記事のアイキャッチ 考え・生き方

わたしは今大学4年生で
卒業する予定ですが

ずっと大学に行く意味を
見出せずに退学も
検討していました。

なんでわざわざ
奨学金まで借りて 

単位を取るためだけの
授業を受けてるんやろう

って疑問でしかなかった。

やりたいこととか特になくて
ちゃんと考えずに
大学に行った自分が悪いけど

本当に授業自体に
面白みを感じれなかったんです。

でも退学して
何がしたいか明確な
プランを持てなかったので

結局卒業することになりました。

大学に行く意味を見出せずに
退学も考えている人に向けて

今私が思うことを
書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学に行く意味とは

大卒の資格を得れる

日本で就職を
考えているなら

正直高卒よりも
大卒の方が選べる職は多いですし

同じことをするにも
給料が違う場合もあります。

就職せずに
フリーランスになる予定なら
全くこれは必要ありません。

「学生」なのである程度好きなことができる

学生だからなんでも
していい訳ではないですが

学生というのは世間から見ると
守られた存在ではあるなと
感じます。

同じ海外に留学に行くにしても
学生で行くのと
社会人になってから行くのとでは

周りの反応は
違ってくると思います。

さっか
さっか

周りの目なんか
気にしなくてもいいけどね

そう行った意味では学生の方が
色々なことに挑戦しやすい
とは思います。

私は今学生でありながら
ビジネスをしています。

学割が使える

これは意外と大きかったです。

今ブログを書いてるパソコンを
買うときもアップルの学割
使いましたし

カラオケや映画などの
普段の遊びでも学割を
使うことができます。

社会人の友達と遊ぶときは
これは大学生の特権なんだなと
思います。

大学をやめたらどうなる?

肩書きが変わる

あなたは
「大学生」ではなくなります。

専門学校に入り直せば
「専門学生」になり

働き始めれば
「社会人」になります。

でもそれだけです。

大学をやめるというと
大きいことのようですが

大学に行くことが
負担なのであれば

お金を払ってまで行かなくても
いいんじゃないかな
と思います。

やめてどうしたいか

ただ、やめてからどうしたいか
決まってからでないと

なにも肩書きがない状態は
自分自身も
不安になると思います。

「大学生」ではなくなった自分が
何者でもなくなったような感覚に
なってしまうかもしれません。

だから、働きたいのであれば
働き先を探すとか

専門学校に行きたいのであれば
どこに行きたいのか
どうやったら入れるか調べるとか

海外に行きたいのであれば
どのぐらいのお金が必要なのか調べるとか

具体的にやめてからのことを
考えてからの方が
いいかなとは思います。

最後に

「大学に行く意味」
私もすごく悩んでいたので
わかります。

ただ、今思うのは
こんなに守られている時間は
この先ないんじゃないかな

ってことです。

何もしないと
ただ時間は過ぎて行きますが

何もしていなくても
なにも言われない環境って
逆にすごいと思います。

「大学生」という肩書きは
挑戦するにはとてもいいです。

もちろん無理して通い続ける
理由はないですが

一回休学も視野に入れると
いいかもしれないですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
考え・生き方
さっかをフォローする
ふるりーむ

コメント