【メルカリ】初心者でもわかる!発送方法の決め方

メルカリの発送方法の決め方 フリマアプリ

コロナ下において、仕事が減ってしまった方や時間ができてなにか始めようと思う方も多いのではないでしょうか。

その中でも不用品を売ることで、お小遣い稼ぎができるフリマアプリを考えている人も多いと思います。

しかし、出品して売れたはいいものの、「結局どの方法を使えばいいのかわからない!」という状況になってしまうかもしれません。

もしかしたら、すでにその状況になっているのかもしれませんね。

メルカリは、発送方法がたくさんあって迷ってしまいます。

私も結構使っている割に覚えられず、毎回どの方法で発送したらいいのか迷っていました。

そこで、私と同じように悩む方の参考になればと、発送方法の決め方を自分なりにまとめてみました。

ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【はじめに】私がよく使う発送方法

発送方法の決め方を紹介する前に、私がよく使う発送方法をご紹介します。

発送方法たくさんありますが、私は何個かしか使っていません。

下に簡単にまとめてみます。

私は基本的には

よく使う発送方法

3センチ未満→「ゆうゆうメルカリ便ゆうパケット」か「定形外郵便」

3センチ以上7センチ未満→「ゆうゆうメルカリ便ゆうパケットプラス」か「定形外郵便」

それ以上→「ゆうゆうメルカリ便ゆうパック」か「らくらくメルカリ便宅急便

にしています。

見てもらうとわかると思うのですが、私はほとんどの場合メルカリ便を使っています。

ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットを使うと175円で送れる上に、追跡まで付いているので安心だからです。

さらに送料が自動的に売り上げから引かれるので財布を持たずに発送できますし、住所も書く必要がありません。メルカリ便とてもおすすめです!

決めるのめんどくさい!と言う場合、メルカリ便使っておけば間違い無いです笑

ただし、3センチ未満でも大きいものはゆうパケットでは無理なので、定形外郵便にします。

また、とても安く出品していてギリギリまで送料を抑えたいと言う場合は、定形外を使った方が安い場合もあります。

私はピアスなどのとっても小さいポスト投函できるようなものは、定形外で送ることが多いです。

50グラム以内でしたら120円で送ることができます。

定形外郵便は大きさではなく重さで料金が変わるので、大きくても軽いものであれば定形外で送る方が安い場合が多いです。

発送方法の決め方

決める基準として、大きさ・厚さ・重さが重要になります。

ポイント

・大きさの基準は、A4を超えるかどうか
・厚さの基準は、3cmを超えるかどうか
・重さの基準は、1kgを超えるかどうか

です。それ以外の基準もありますが、多いのはこれです。

A4より小さいか、A4より大きいかで大きく分けてみます。

A4より小さい場合

厚さ3cm以内

さっか
さっか

A4より小さく厚さ3cm以内の場合、以下のものが使えます!

名前料金厚さ重さ追跡補償
らくらくメルカリ便(ネコポス)195円2.5cm以内1kg以内ありサポートあり
ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット)175円3cm以内1kg以内ありサポートあり
レターパックライト370円3cm以内4kg以内ありなし
クリックポスト198円3cm以内1kg以内ありなし
スマートレター180円2cm以内1kg以内なしなし
ゆうメール180~360円3cm以内1kg以内なしなし
普通郵便(定型・定形外)84~1350円制限なし4kg以内なしなし

補償のところに「サポートあり」とありますが、これは「補償」とは少し違います。

届いた時に壊れていたとしても、全額補償されるということはほとんどありません。

あくまでもサポートなので、多くても半額の補償です。

1kg以内の場合

<A4より小さく、厚さ3cm以内、1kg以内の場合>

・ゆうゆうメルカリ便のゆうパケット
・クリックポスト
・定形外郵便

郵便局、ローソンが近くにある方は、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットがおすすめです。
ない方は、クリックポストにしましょう。

クリックポストであれば、ポスト投函が可能です。

また、A4より小さく、厚さ3cm以内、重さ100g以内であれば、定形外郵便が最安です。

ただし、追跡やサポートがないので、できればゆうパケットを使う方がいいでしょう。

1kgを超える場合

<A4より小さく、厚さ3cm以内、1kgを超える場合>

・レターパックライト

小さくても1kgを超えてしまうものは、レターパックライトを使いましょう。

レターパックライトは小さくて重いものを送る時に最適です。

厚さ3cm以上

さっか
さっか

A4より小さく厚さ3cm以上の場合、以下が使えます!

名前料金厚さ重さ追跡補償
らくらくメルカリ便(宅急便コンパクト)380円+箱70円5cm制限なしありサポートあり
ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケットプラス)375円+箱65円7cm2kg以内ありサポートあり
レターパックプラス520円制限なし4kgありなし
普通郵便84~1350円制限なし4kgなしなし
らくらくメルカリ便(宅急便)700円〜1600円制限なし25kgありサポートあり
ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)700円〜1000円制限なし25kgありサポートあり
黄色は2kg以内の場合、赤は2kg以上の場合におすすめです。そのほかはどちらでも使えます。
2kg以内の場合

<A4より小さく、厚さ3cm以上、2kg以内の場合>

・ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラス
・普通郵便
・らくらくメルカリ便の宅急便
・ゆうゆうメルカリ便のゆうパック

らくらくメルカリ便でも送れますが、少しだけゆうゆうメルカリ便より高くなります。

少しでも安く抑えたい場合は、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスを使いましょう。

ゆうパケットプラスに入らないものは、「普通郵便」「らくらくメルカリ便の宅急便
「ゆうゆうメルカリ便のゆうパック」を使いましょう。

値段は重さや大きさによって変わるので、比較して決めましょう。

「普通郵便の定形外の規格外」

重量料金
50g以内200円
100g以内220円
150g以内300円
250g以内350円
500g以内510円
1kg以内710円
2kg以内1,040円
4kg以内1,350円

「らくらくメルカリ便の宅急便」

60サイズ(〜2kg):700円
80サイズ(〜5kg):800円
100サイズ(〜10kg):1,000円
120サイズ(〜15kg):1,100円
140サイズ(〜20kg):1,300円
160サイズ(〜25kg):1,600円

「ゆうパック」(全て25kg以内)

サイズ料金
60サイズ700円
80サイズ800円
100サイズ1,000円

縦横高さの合計が60cm以内であれば60サイズでOKです!

2kg以上の場合

<A4より小さく、厚さ3cm以上、2kg以上の場合>

・らくらくメルカリ便の宅急便コンパクト(箱に入れば)
・レターパックプラス(箱に入れば)(4kg以内)
・らくらくメルカリ便の宅急便
・ゆうゆうメルカリ便のゆうパック

箱に入れば宅急便コンパクトが安く追跡もできるのでおすすめです。

宅急便コンパクトに入らなければ、レターパックプラスを検討しましょう。

レターパックプラスの方が、比較的たくさん入ります。

入らなければ「らくらくメルカリ便の宅急便」や「ゆうゆうメルカリ便のゆうパック」にしましょう。

A4より大きい場合

名前料金厚さ重さ追跡補償
らくらくメルカリ便(宅急便)700円〜1600円制限なし25kgありサポートあり
ゆうゆうメルカリ便(ゆうパック)700円〜1000円制限なし25kgありサポートあり

A4を超えた場合、このどちらかしか使えません。

縦横高さの合計サイズと重さによって値段が変わるので、測ってみましょう。

らくらくメルカリ便は160サイズまで
ゆうゆうメルカリ便は100サイズまで

なので、100サイズ超えるものはらくらくメルカリ便を使いましょう。

発送方法の特徴

発送方法

メルカリ便  おすすめ!
・普通郵便(定型、定形外)
・レターパック
・クリックポスト
・ゆうメール
・クロネコヤマト
・ゆうパック
・ゆうパケット
・スマートレター

発送方法を並べてみましたが、こう書くと本当にたくさんありますね、、、。

普段使わないのであまり知らないものもありました。笑

さっか
さっか

いっぱいありすぎ〜〜

メルカリ便

先ほども少し書きましたが、私は主にメルカリ便を使用しています。

メルカリ便の特徴

・出品時に選択しておくことで、匿名配送が可能
・送料が売り上げから引かれるので、財布不要で発送できる
・住所や名前を書く必要がない
・追跡ができる
・普通に利用するより安い
・配送サポートがある

メルカリ便は料金も安い上に、色々とメリットがあるので迷ったらこれを使いましょう。

迷ったらメルカリ便を使う!!

その中でも、3センチ以内であればゆうパケット、それ以上であればゆうパケットプラスがおすすめです。

ゆうパケットプラスの箱に入らないサイズは、宅急便かゆうパックで送りましょう。

らくらくメルカリ便

ネコポス 195円(2.5センチ以内)
     1kg以内  

宅急便コンパクト 380円(箱70円)合計450円
         重量制限なし
         厚さ5cm以内

宅急便 700円から

60サイズ(〜2kg):700円
80サイズ(〜5kg):800円
100サイズ(〜10kg):1,000円
120サイズ(〜15kg):1,100円
140サイズ(〜20kg):1,300円
160サイズ(〜25kg):1,600円

ゆうゆうメルカリ便

ゆうパケット 175円(3センチ以内)
       1kg以内

ゆうパケットプラス 375円(箱65円)合計440円
          2kg以内
          厚さ7cm以内

ゆうパック 700円から(大きさによる)

60サイズ:700円
80サイズ:800円
100サイズ:1,000円

ネコポスよりゆうパケットの方が、高さが高いものでも入れられる上に料金が安いので、小さいものであればゆうパケットがおすすめです。

ただし、ゆうパケットは縦、横、高さの合計を60cm以内、重さ1kg以内に納めなければいけません。

ゆうパケットプラスは縦24×横17cm×厚さ7cm以内、重さ2kg以内です。

梱包・発送たのメル便

梱包も発送もめんどくさいですよね。

それを全部やりますよ〜というサービスがこちらです。

特に大きな商品などの発送が大変なものにおすすめです。

ただ、その分料金も高くなるので、ある程度高額な商品を売る場合などに使うのが良さそうです。

サイズ料金
80サイズ1700円
120サイズ2400円
160サイズ3400円
200サイズ5000円
250サイズ8600円
300サイズ12000円
350サイズ18500円
400サイズ25400円
450サイズ33000円

普通郵便

普通郵便の特徴

・重さで料金が変わる
・軽いものであればとても安く送れる
・追跡なし
・補償なし

重さによって値段が変わるので、軽いものの時に使うのがおすすめ

私はピアスなど小さいものや安いものを送る時によく利用します。

ただし、追跡ができず補償もないので、高価なものを送る時は利用しない方がいいと思います。

定形郵便物 

定型内は、50g以内、厚さ1cm以内。

重量料金
25g以内84円
50g以内94円

定形外郵便物

  • 規格内は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内。
規格内
重量料金
50g以内120円
100g以内140円
150g以内210円
250g以内250円
500g以内390円
1kg以内580円
2kg以内取り扱いなし
4kg以内
規格外
重量料金
50g以内200円
100g以内220円
150g以内300円
250g以内350円
500g以内510円
1kg以内710円
2kg以内1,040円
4kg以内1,350円

レターパック

レターパックの特徴 

・ポスト投函OK
・追跡サービスあり
・A4サイズ4キロまで全国一律料金
・補償なし

レターパックライト 

370円
郵便受け
厚さ3センチ以内

レターパックプラス 

520円
対面
厚さ指定なし

小さくて重いものであれば、レターパックがおすすめ!

クリックポスト

クリックポストの特徴

・追跡可能
・全国一律料金198円
・ポスト投函OK
・ネットで運賃決済
・ラベルの手書きが不要
・郵便受けに配達
・補償なし

長さ:14~34センチ
幅:9〜25センチ
厚さ:3センチ以内
重さ:1キロ以内

クリックポストの使い方

①利用者情報の登録
②Yahoo!ウォレットか、AmazonPayで支払い手続き
③ラベルを印字し貼り付ける
④発送

郵便局が遠くポスト投函の方がいいという方や、忙しくて郵便局に行く時間がない方には、クリックポストがおすすめです。

それ以外の方は、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットでいいかな?と思います。

スマートレター

スマートレターの特徴

・全国一律料金
・追跡なし
・補償なし
・ポスト投函OK

郵便局かローソン、ミニストップ、セイコーマートで「スマートレター」を購入し宛名を書いて発送します。

180円、厚さ2センチ以内、25cm×17cm以内、1kg以内

個人的にはゆうゆうメルカリ便のゆうパケットの方がいいかな?と思います。

安いですし、厚さも3cmまでOKです。

ゆうメール

ゆうメールの特徴

・1kgまでの荷物を送ることができる
・追跡なし
・補償なし

ゆうメールを利用する際は、「ゆうメール」と記載する必要があります。

長さ34cm以内
幅25cm以内
厚さ3cm以内
重さ1kg以内

ゆうメールは1kgまで送ることができますが、重さによって値段が変わります。

150g以内 180円
250g以内 215円
500g以内 310円
1kg以内 360円

こちらも、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットでいいかな?と言う気がします。

クロネコヤマト

大きさにより値段が異なりますが、メルカリで利用する場合らくらくメルカリ便を利用する方がお得なので、そちらを使いましょう。

ゆうパック・ゆうパケット

こちらもゆうゆうメルカリ便を使う方がお得なので、そちらを使いましょう。

終わりに

色々あってよくわからなくなりますが、迷ったらメルカリ便を使うことをおすすめします。

さっか
さっか

迷ったらメルカリ便!とりあえず最初はこれでOK!笑

今の所ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットは、小さいものを送る際には最高です。

どうしてもわからなければ、できるだけ小さく薄く梱包して、郵便局に持って行ってみましょう〜笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フリマアプリ
さっかをフォローする
ふるりーむ

コメント